『Bond 25』ボンド・ガールのオーディションにハンナ・アータートンが参加?

Mirror Online(2018年8月11日付)は、007シリーズ次回作『Bond 25』のボンド・ガール・オーディション参加者の一人として、英国女優ハンナ・アータートンの名が挙がっていると伝えています。

ハンナの姉は『007/慰めの報酬』(2008)でMI6エージェントのストロベリー・フィールズを演じたジェマ・アータートン。仮にハンナが『Bond 25』に出演するのであれば、作中でも妹として登場できるかもしれません。

他に、モデルのオリンピア・キャンベルが敵側の女として検討されているとのことです。

アントワーン・フークア監督側 イドリス・エルバのボンド役候補記事を否定

The Hollywood Reporter(2018年8月10日付)は、Daily Starの記事内容を否定しています。

Daily Star(8月9日付)は、全米公開中の映画『イコライザー2』で監督を務めているアントワーン・フークアが、イオン・プロダクションのバーバラ・ブロッコリとダニエル・クレイグ引退後の新ボンド俳優について雑談したと報道。記事ではフークア監督の発言として、ブロッコリがボンド役にマイノリティー俳優を据える「時期が来た」と感じており、彼女は「いずれ実現する」と確信していると報道。そして、イドリス・エルバがボンド役に相応しいとのフークア監督による意見も取り上げ、エルバがボンド役候補者になっていることを示唆する内容となっています。

しかし、Hollywood Reporterはアントワーン・フークア監督側から得たコメントを紹介。フークア監督はバーバラ・ブロッコリと007映画やキャスティングについて話したことはなく、問題の記事は全て作り話であるとのことです。

『Bond 25』悪役とボンド・ガール候補者がプロデューサーと面談中

Variety記者ジャスティン・クロール氏のツイート(2018年8月10日付)によると、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリとイオン・プロダクションは現在、007映画次回作『Bond 25』に登場するメインのボンド・ガールと悪役を演じる候補俳優達と面談中とのことです。

『Bond 25』でこれまでに正式発表されている配役は、主人公ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグのみで、MI6メンバーのM、Q、マネーペニーを演じる俳優も明らかになっていません。しかし、ダニー・ボイル監督映画『All You Need Is Love』(仮題)の7月撮影完了を受け、主要キャラクターのキャスティングは大詰めを迎えているものと思われます。

レイフ・ファインズ 『キングスマン』次回作に出演の可能性

That Hashtag Show(2018年8月9日付)によると、007シリーズで「M」を演じているレイフ・ファインズが、映画『キングスマン』次回作に出演する可能性があるようです。

『キングスマン』シリーズは、第3弾の『Kingsman 3』が2019年1月にイギリスで撮影開始予定となっており、連続(同時進行)でシリーズのプリクエル『Kingsman: The Great Game』も制作される模様。なお、この他に全8時間のテレビ・シリーズ企画もあるとのこと。

映画『Kingsman 3』はコリン・ファースとタロン・エガートンが出演する「ハリー&エグジー」トリロジーの完結編となる模様。『Kingsman: The Great Game』は20世紀初頭が舞台で、第1次世界大戦で祖国を守ろうとする英国貴族の若き子息コンラッドと、彼を指南する男の二人が新たに登場するそうです。現在キャスティングが進行中で、レイフ・ファインズはこの指南役の候補者として最有力の様子。また、特にコンラッドは『Kingsman 3』と『The Great Game』の橋渡し的な役となりそうです。

『キングスマン』シリーズの監督マシュー・ヴォーンは、MGMの推薦で『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)の監督候補に選ばれましたが、イオン・プロダクションの反対で落選。その後、『007/ドクター・ノオ』(1962)のテレンス・ヤング監督がショーン・コネリーを英国紳士スパイに育てた逸話をヒントに、スパイ・シリーズ『キングスマン』を新たに立ち上げました。

『Bond 25』手下役オーディションにNZ俳優が複数参加

NZ Herald(2018年8月4日付)によると、映画007シリーズ次回作『Bond 25』のオーディションに、複数のニュージーランド俳優が参加しているようです。

『Bond 25』悪役の手下にはマオリ人が設定されており、ニュージーランドとその隣国オーストラリアの俳優を主な対象として、オーディションが進んでいる様子。ニュージーランドの俳優やエージェントの間では現在、『Bond 25』がホットな話題になっているらしく、同サイトではそのうち有力とされる俳優7人の名前をリストアップ。

噂で最も名前が飛び交っているのがカーク・トーランス。アクション経験があり『Bond 25』に相応しいと見られているのがマヌー・ベネット。ベネットは取材に対し、現段階でコメントできないと返答した模様。ビデオ・オーディションに参加済みとされているのが、ベン・ミッチェルとゼイヴィア・ホランの二人。他に、ヴィニー・ベネット、パナ・ヘマ・テイラー、ロブ・キパ・ウィリアムズの名が挙げられています。

英国俳優サム・ヒューアン ボンド役を希望

Inquirer.net(2018年7月22日付)によると、スコットランド出身の俳優サム・ヒューアンはジェームズ・ボンド役を演じたいようです。

TVシリーズ『アウトランダー』で人気を博したサム・ヒューアンは、最新映画のプロモーションに参加。同作のタイトルは、007シリーズ第10作『The Spy Who Loved Me』(『私を愛したスパイ』)を茶化したような『The Spy Who Dumped Me』(私をポイしたスパイ)。ジャンルはスパイ・コメディで、CIAエージェントの恋人に捨てられた主人公を演じるのはミラ・クニス、共演にケイト・マッキノンら。監督&脚本はスザンナ・フォーゲル。

同作で英国諜報部員を演じているヒューアンは、最も興奮した出演場面を尋ねられると、タキシード姿でベルリンの美術館の屋上に立つシーンを挙げ、ボンドのような気がしたとコメント。ずっとジェームズ・ボンドをやりたいと思っていたのだそうで、歴代ボンド俳優の中ではティモシー・ダルトンが一番のお気に入りのようです。

『The Spy Who Dumped Me』の第2班監督とスタント・コーディネーターは、007シリーズ常連のゲイリー・パウエルが担当。ライオンズゲート配給で8月3日から全米公開されます。

LEGO ジェームズ・ボンド・アストンマーティンDB5を発表

LEGOは2018年7月18日、新製品「James Bond Aston Martin DB5」を発表しました。

1,295点の部品から構成されている、クリエイター・エキスパート・シリーズの一つで、アメリカ公式ショップでの価格は149.99ドル。

このアストンマーティンDB5は1964年に公開された映画『007/ゴールドフィンガー』に登場したボンド・カーをモデルにしたもの。

映画同様に、稼働するエジェクター・シート、レーダー追跡装置、回転式ナンバー・プレート、防弾スクリーン、マシンガン、タイヤをパンクさせる装置などが完備。ドア、ボンネット、トランクなどが開閉可となっています。

LEGO James Bond Aston Martin DB5 デザイナー解説映像

イヤーズ&イヤーズ 「『Bond 25』主題歌はデュア・リパだと思う」

BBC Radio 5 Live(2018年7月17日放送)にイヤーズ&イヤーズが出演し、007映画次回作『Bond 25』の主題歌はデュア・リパがやるようだと語りました。

イヤーズ&イヤーズのマイキー・ゴールドスワシーは『Bond 25』のテーマをやりたかった様子ですが、デュア・リパがやると思うと発言。その直後に、全部ぶち壊してしまったとも語りました。

マイキーが確たる情報を得た上でウッカリ喋ってしまったのか、以前から流れている噂を茶化して話したのかは不明です。

マイキーは、近所のベン・ウィショーから『007/スペクター』の際、主題歌をレディオヘッド(結果的には不採用)がやると聞かされていたとも語りました。しかし、今回の情報源もウィショーなのか明言していません。

なお、イヤーズ&イヤーズのメンバーの一人であるオリー・アレクサンダーは俳優として映画『ブライト・スター』や舞台でベン・ウィショーと共演。その後もウィショーは『Real』のミュージック・ビデオや短編フィルム『Palo Santo』でオリーと共演するなど、イヤーズ&イヤーズとは親交があるようです。

『Bond 25』特殊効果監修にクリス・コーボールド

Express.co.uk(2018年7月17日付)によると、007映画次回作『Bond 25』の特殊効果監修を、007シリーズ常連のクリス・コーボールドが担当するようです。

コーボールドはこれまでに14作の007映画に参加してきましたが、『007 Elements』オープニングでインタビューに応じた彼は、『Bond 25』にはかつて無いほど興奮しているとし、非常に特別な作品になるだろう、と語った模様です。

今のところ、様々なアイディアを出し合っている段階のようですが、コーボールドは『Bond 25』のリアリズムを追求する作風が気に入っている様子です。

『Bond 25』悪役とボンド・ガールはロシア人か

007映画次回作『Bond 25』に登場する悪役やボンド・ガールはロシア人の設定かもしれません。

ファンサイトのMI6(2018年7月17日付)は、『Bond 25』のキャスティング情報を掲載しました。情報源は明らかになっていませんが、これによると、メインの悪役に求められているのはロシアかバルカン半島系。年齢は30代から60代と幅広く、英語堪能者。カリスマがあり冷酷で執念深いキャラクター。

その手下には、マオリ人が設定されている模様。

ボンド・ガール(主演女優)にもロシア/バルカン半島系が求められており、年齢は30歳から45歳の英語堪能者。強靭な体とコンバット技術が必要とのことで、かなり活動的な役柄のようです。