映画『The Rhythm Section』はパラマウントが配給

Deadline(2017年8月16日付)によると、映画『The Rhythm Section』の配給は一部地域を除き、パラマウント・ピクチャーズが手がけるようです。

『The Rhythm Section』は007シリーズで知られるイオン・プロダクションが制作する、女性スパイを主人公にしたスリラー映画。主演はブレイク・ライヴリー、監督にリード・モラーノ。今秋から5カ国に渡って撮影予定で、モラーノ監督のSNSアカウントでは、スペインやアイルランドでロケハンをしている様子が伺えます。

イオン・プロダクションは007映画同様、『The Rhythm Section』のシリーズ化を視野に入れている模様で、本作がヒットすれば、マーク・バーネルの原作本が次々と映画化される可能性があります。

ダニエル・クレイグ 『Bond 25』でジェームズ・ボンド役を続投

ダニエル・クレイグがついにジェームズ・ボンド役を続投することを明らかにしました。

ダニエル・クレイグは8月18日にアメリカ公開される『Logan Lucky』のプロモーションの為、8月15日にCBSで放送されたトーク番組『The Late Show with Stephen Colbert』にゲスト出演。司会のスティーヴン・コルベアは、7月に The New York Times がダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド役続投を報じたことに触れながら、改めてボンド役に続投するかを問うと、クレイグは「Yes」と返答しました。

007シリーズ次回作『Bond 25』の北米公開日は7月に公式発表済みですが、ボンド役をダニエル・クレイグが演じるのか不明な状態はその後も続いており、クレイグは続投をほのめかす発言もしていましたが、明言は避けていました。

ダニエル・クレイグ出演の番組公式映像:
Confirmed! Daniel Craig Will Return As James Bond


8/16 追記:『Bond 25』はダニエル・クレイグにとって最終作となり、『Bond 26』には出演しないつもりのようです。


8/16 追記:ダニエル・クレイグがボンド役続投を決めたのは2、3ヶ月ほど前。その後、話し合いや調整を続けていたそうです。ずっとボンド役をやりたいと思っていたが、休息が欲しかったとも語っています。


8/16 追記:映画007シリーズ公式サイトは8月16日、『The Late Show with Stephen Colbert』でのクレイグの発言を紹介する形で、クレイグのボンド役続投を認めました。

ダニエル・クレイグ ジェームズ・ボンド役を続けるか「決めていない」

ダニエル・クレイグは2017年8月15日、アメリカのラジオ局 Magic 106.7 の番組『Morning MAGIC』に出演、ジェームズ・ボンド役の続投問題について語りました。

最新作『Lucky Logan』宣伝の一環で、電話インタビューに応じたクレイグ。ボンド役続投の噂について尋ねられると、「現時点で決まっている事はなく、色んな噂はあるが、公式決定したものはない。出演料を吊り上げる為に渋っているとかそんな問題じゃなく、純粋に個人的な事だ」とコメント。続けて「自分としては、(ボンド役を)是非やりたいと思っている」とも話しています。

ピアース・ブロスナン出演『The Only Living Boy in New York』が米で公開に

ピアース・ブロスナン出演の映画『The Only Living Boy in New York』が2017年8月11日、アメリカの劇場で公開されました。

大学を卒業したばかりのニューヨークに住む青年が、道に迷いながら成長する姿を描くドラマ。主人公にカラム・ターナー。父親役はピアース・ブロスナン。その父の若き不倫相手にケイト・ベッキンセール。他にジェフ・ブリッジスなど。監督はマーク・ウェブ。配給は Roadside Attractions/Amazon Studios です。

ダニエル・クレイグは「ボンドをやる」 米TV局社長が発言

/FILM(2017年8月8日付)は、テレビ・シリーズ『Purity』を放送予定のテレビ局、Showtimeのデヴィッド・ネヴィンス社長兼CEOの発言を掲載しています。

ジョナサン・フランゼン原作『Purity』はダニエル・クレイグ出演の20話限定テレビ・シリーズ。2016年の時点でネヴィンス氏は、2017年中に撮影を終える予定で、ダニエル・クレイグが007シリーズ次回作『Bond 25』に続投しても、スケジュールの干渉は起きないと語っていました。

しかし現時点でネヴィンス氏は、ダニエル・クレイグは「ボンドを先にやる」と発言。クレイグが『Bond 25』にボンド役を続投するとの見方を示しつつ、『Purity』撮影は『Bond 25』を終えた後になることを示唆しました。なお、ボンドについて「自分が何を知っているか、知らないかは話せない」とも語っています。

クレイグがボンド役を続投するか公式発表されていない中、クレイグのスケジュールを知りうる立場にある人物の発言として注目されます。

なお『Purity』はアメリカに加え、ベルリンや南アメリカが主要な舞台になる模様で、ダニエル・クレイグは全20話中、ほとんどのエピソードに登場する予定とのことです。

デュラン・デュラン 2017年9月に来日公演へ、記念盤もリリース

デュラン・デュランが9年ぶりとなる来日公演を2017年9月に行います。「ペイパー・ゴッズ・ジャパン・ツアー2017」と題された公演の日程と会場は9月20日(水)が東京の日本武道館。9月22日(金)が大阪のオリックス劇場。

ワーナーミュージックではこの公演を記念して、来日記念盤「ザ・シングルズ 81-85」を9月13日に発売予定。81年から85年までにリリースされたシングル13枚をCD3枚にまとめたもので、全米シングル・チャートNo.1を記録したヒット曲『007/美しき獲物たち』と、同インストゥルメンタル版も収録されます。

『Film Stars Don’t Die in Liverpool』 ソニー・クラシックスが北米配給権を取得

ソニー・ピクチャーズ・クラシックスは2017年8月7日、映画『Film Stars Don’t Die in Liverpool』の北米、東欧、ドイツ向けオールライツを取得したと発表しました。

『Film Stars Don’t Die in Liverpool』は、2017年トロント国際映画祭がプレミアとなります。劇場公開日は未発表。主演はアネット・ベニング、共演にジェイミー・ベルなど。監督は後に007シリーズ次回作『Bond 25』の監督候補との噂も流れたポール・マクギガン。プロデューサーはイオン・プロダクションのバーバラ・ブロッコリ。マイケル・G・ウィルソンはエグゼクティヴ・プロデューサーを務めます。

ダニエル・クレイグ 『Bond 25』『Bond 26』に出演?

The Sun(2017年8月7日付)は、ダニエル・クレイグがもう2作の007映画にジェームズ・ボンド役出演すると伝えています。

関係者の話では、クレイグが次回作でシリーズ第25作『Bond 25』とその次の『Bond 26』の2作出演契約に、間もなくサインしそうだのこと。

『Bond 25』の仮題は『Shatterhand』で、脚本は完成間近。クレイグにとって最終作となる『Bond 26』は、ボンドの妻が殺される筋書の『女王陛下の007』リメイクが検討されているそうです。

記事の信憑性は不明ですが、既に『Bond 25』の北米公開日は公式発表済みで、ダニエル・クレイグの去就についても、近々の発表が期待されます。

『007/黄金銃を持つ男』で回転ジャンプのAMCホーネット・ハッチバックが競売に

Auctions America は、映画『007/黄金銃を持つ男』の撮影で使用されたボンド・カーのAMCホーネットX・ハッチバックをオークションに出品します。期間は2017年8月31日から9月3日まで。予想落札価格帯は25万ドルから35万ドル。

『007/黄金銃を持つ男』(1974)では、敵のスカラマンガを追うジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)がタイの川沿いにホーネットを運転。途中崩落した橋を物ともせず、360度回転しながら対岸へジャンプします。

360度回転(アストロ・スパイラル)ジャンプ・スタントの考案者はスタント・ドライバーのジェイ・ミリガン。1972年頃の実演で成功させた後、007映画での採用をイオン・プロダクションのプロデューサーへ提案。採用されたアストロ・スパイラルの技術は他の映画で使われないよう特許出願されました。

バンコック郊外でのスタント・シーン撮影の為に、コンピューターを利用。安全な回転ジャンプに必要な速度やスロープの傾斜角度などが緻密に計算されました。劇中でスタント・ドライバーを担当したのはローレン・“バンプス”・ウィラード。綿密な事前準備が功を奏し、撮影は最初のテイクで成功。映画で初のアストロ・スパイラル・ジャンプとして、ギネス記録に認められました。

撮影後、このホーネットはニューヨークにあるジェイ・ミリガンの会社へ送られ、ミリガンのコレクションの一部に。1回しかジャンプが行われなかった模様で、このスタント撮影で実際に使われたホーネットは今回出品されるものが唯一となります。

『007/スペクター』撮影で使用のランドローバー・ディフェンダーが競売に

ロンドンの RM Sotheby’s で2017年9月6日、映画『007/スペクター』で使用されたランドローバー・ディフェンダー SVX Concept がオークション出品されます。

ランドローバーは『007/スペクター』制作のためにディフェンダーを10台提供。その後、すべてBowler社へ送られ撮影仕様車として改造されました。

今回出品の車は、現在の所有者が直接Bowler社から買い付けたもの。走行シーンで使用されましたが、撮影によるダメージは受けていない車だそうで、イギリス国内の道路では法的に走行可能とのことです。