MGM などは1月7日、映画007シリーズ第22作(Bond 22)の撮影がイギリスのパインウッド・スタジオで本格的に始まったことを発表、同時に主だった配役についても明らかにしました。

メインのボンド・ガール、カミーユ役は、ウクライナ出身のオルガ・キュリレンコが演じます。もう一人のボンド・ガール、ジェマ・アータートンは MI6 エージェント役です。

世界公開は2008年11月7日で、題名の発表はされませんでした。

プレス・リリースによる配役とスタッフは次の通りです。

配役
ダニエル・クレイグ/ジェームズ・ボンド James Bond
マチュー・アマルリック/ドミニク・グリーン Dominic Greene
オルガ・キュリレンコ/カミーユ Camille
ジュディ・デンチ/M
ジェフリー・ライト/フェリックス・レイター Felix Leiter
ジャンカルロ・ジャンニーニ/マティス Mathis
ジェマ・アータートン/フィールズ Fields

スタッフ
監督/マーク・フォースター
脚本/ニール・パービス&ロバート・ウェイド、ポール・ハギス
プロダクション・デザイナー/デニス・ガスナー
撮影監督/ロベルト・シェイファー
編集/マット・チェス、リック・ピアーソン
第2班監督/ダン・ブラッドレー