パナマの新聞 La Prensa によると、2月から Bond 22 のロケが始まるパナマ文化庁の建物は高級ホテルという設定になり、エレベーター付近でジェームズ・ボンドが命を狙われるシーンが撮影されるようです。

パナマでは約750人の俳優とエキストラを動員、部外者との混乱を避けるため、午後6時から翌朝6時の間を中心に撮影が行なわれるとのことです。