007シリーズ最新作『クォンタム・オブ・ソラス』(原題)の公式サイトが米 Sony Pictures によって公開されました。同サイトでは、映画の内容、キャスト、スタッフらの情報が掲載されています。発表されたあらすじは次の通りです。

恋 人ヴェスパーに裏切られた007(ダニエル・クレイグ)は個人的感情を捨て切れないまま、再び任務に就く。真相究明のために、ボンドとM(ジュディ・デン チ)はミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を尋問する。ヴェスパーを脅したのは複雑で想像を絶する危険な組織だった。

捜査 によって MI6 の裏切り者とハイチの銀行口座とが結びつけられる。人違いがきっかけとなり、ハイチでボンドは美しく勇ましい女カミーユ(オルガ・キュリレンコ)に出会う が、彼女もある復讐を計画していた。カミーユによってボンドは冷酷な事業家で謎の組織の幹部、ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)に近づいてい く。

任務でオーストリア、イタリア、南アメリカへ向かったボンドは、グリーンが世界で最も重要な天然資源の完全支配を狙っていることに気 づく。グリーンは追放されたメドラノ将軍(ホアキン・コシオ)との取引を画策。組織の協力者と CIA や英国政府の内通者を操るグリーンは、メドラノに南米某国の現政権を失脚させて将軍が支配者になれるように約束し、その見返りとして何故か荒れた土地を求 めていた。

裏切り、殺し、そして偽りが渦巻く世界で、ボンドは旧友の協力を得て真実の解明の為に戦う。ヴェスパーの裏切りを招いた黒幕の男へ近づくにつれ、007は CIA、テロリスト、M よりも先回りして、グリーンの陰謀と組織を阻止しようとする。