Reuters によると、チリ北部の小さな町の町長が、”Quantum of Solace” のロケ現場に出現、カメラの前に入り込むなどし、撮影の邪魔をしました。

当局に拘束されたカルロス・ロペス町長は、チリがボリビアという設定で撮影されることに憤慨したそうです。