007の監督アーヴィン・カーシュナー氏、死去

Variety によると、映画監督のアーヴィン・カーシュナー氏が11月27日、ロサンゼルスで亡くなりました。87歳でした。死因は肺がんです。

同氏はショーン・コネリー主演の007映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(1983)、『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』、『ロボコップ2』等の作品で監督を務めました。

カーシュナー氏は南カリフォルニア大学で教鞭をとった経験があり、ジョージ・ルーカスの師としても知られています。