Los Angeles Times によると、俳優のジョセフ・ワイズマン氏が10月19日、ニューヨークにある自宅で亡くなりました。91歳でした。

ワ イズマン氏は1918年、カナダのモントリオール生まれで、ブロードウェイで舞台俳優として活躍。1962年製作の007シリーズ第1作『007/ドク ター・ノオ』(初公開時の邦題は『007は殺しの番号』)では、ショーン・コネリーが演じるジェームズ・ボンドの敵、ドクター・ノオを演じました。