Variety によると、007シリーズの次回作『Bond 23』の配給会社はソニー・ピクチャーズになるかもしれません。

同 誌は業界筋の話として、連邦破産法第11条の適用を受け再建中の MGM が探している『Bond 23』の共同出資者は、前2作(『007/カジノ・ロワイヤル』、『007/慰めの報酬』)同様、ソニーとなる可能性を示唆しています。しかし、配給は北 米以外の一部の国に限定される場合もあり得るようです。

『Bond 23』は007シリーズ第1作の公開から50周年となる2012年に公開予定です。