映画007シリーズ公式 Facebook(5月23日付)によると、フランスで開催されているカンヌ国際映画祭で3人のボンド・ガールがメディアの前に姿を現しました。

集まったのは『007/ロシアより愛をこめて』と『007/サンダーボール作戦』に出演したマルティーヌ・ベズウィック、『007/ユア・アイズ・オンリー』のキャロル・ブーケ、最新作『007/スカイフォール』のベレニス・マーロウです。

カンヌ映画祭では007シリーズ製作50周年を記念して同シリーズから『007/ロシアより愛をこめて』など5作が選ばれ上映されており、3人の登場はこれに合わせたようです。