映画「007」シリーズのドキュメンタリー映画『エヴリシング・オア・ナッシング:知られざる007誕生の物語』(『Everything or Nothing: The Untold Story of 007』)が10月1日、ロンドンの映画館オデオン・ウエストエンドで特別先行上映されます。

『エヴリシング・オア・ナッシング』は「007」シリーズ初期のプロデューサー、アルバート・R・ブロッコリとハリー・サルツマン、原作者イアン・フレミングらの活動などを紹介するドキュメンタリーです。この特別上映後には現プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリ、ヒラリー・サルツ マン(ハリーの娘)、スティーヴン・ライリーらが参加する Q&A もあります。

また、日本では東京国際映画祭が10月27日に上映する予定です。