映画「007」シリーズ公式サイトによると、同 シリーズの製作50周年を記念したシルクスクリーン版画が発売されました。『Everything or Nothing – 50 Years of James Bond』と題されたこの版画は、「007」のプロデューサーがアーティストのジェームズ・ハート・ダイクに制作を依頼したもので、6人の歴代ジェーム ズ・ボンドが一列に並んだデザインとなっており、「007」シリーズ公式ドキュメンタリー『エヴリシング・オア・ナッシング:知られざる007誕生の物 語』のポスター・アートワークとしても用いられています。

版画には背景の色別にホワイト(デラックス・エディション)、イエロー、レッド、ブルーの4種類があり、合計400枚の限定発売となります。値段はデラックス・エディションが2,750ポンド、それ以外は1,950ポンドで、ロンドンの Mount Street Galleries から購入できます。

ジェームズ・ハート・ダイクは過去に MI6(英国秘密情報部)の招聘を受け、複数の絵画を制作し展覧会を開いたことがあり、これが「007」のプロデューサーの目を引いたようです。