米・ワシントンDCにある国際スパイ博物館(International Spy Museum)は11月16日から映画007シリーズに登場する悪役に焦点を当てた展覧会「Exquisitely Evil: 50 Years of Bond Villains」を開催します。

この展覧会は007シリーズ製作50周年を記念するもので、同シリーズに登場したジェームズ・ボンドの敵に関するプロップ/モデルなど100点以上もの様々 な作品が展示されます。『007/ドクター・ノオ』 とキューバのミサイル危機など、007映画とその公開当時に世界で現実に起きていた事件とを結びつけた特別映像なども視聴できるようです。