英王室スタッフ 『007/スカイフォール』が観られず落胆

Express.co.uk(12月30日付)は007シリーズ最新作『007/スカイフォール』を見逃し落胆する英王室スタッフの話を紹介しています。

ボクシング・デー後の12月27日は英エリザベス女王の私邸サドリンガムで100人ほどの王室スタッフを慰労するため、『007/スカイフォール』の上映会が開かれる予定だったそうです。オリンピックでエリザベス女王がダニエル・クレイグと共に登場した経緯もあり、スタッフの間では『007/スカイフォール』の話題で持ち切りに。女王陛下や王族と共に同作の鑑賞を「誰もが楽しみにしていた」ところ、既に『007/スカイフォール』を観ていたウィリアム王子が上映直前になり作品をファンタジー映画へ変更。結局、上映会に参加したスタッフは7、8人だったとのことです。