『007/スカイフォール』 中国で検閲を受け間もなく公開

Hollywood Reporter(1月16日付)によると、007シリーズ最新第23作『007/スカイフォール』が中国で検閲を受けた後に公開されます。

検閲により削除されたのはパトリスが上海のビルで中国人を撃つシーン。他にサヴェリンやシルヴァが登場するシーンの一部で、台詞とは異なる意味の中国語字幕が表示されるようです。

16日は北京でプレミアが開催され、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグがビデオ中継でスクリーンに登場。最も好きなボンド・ガールは「ジュディ・デンチ」と答えたようです。

Variety によると、中国の公開日は1月21日。昨年、中国は日本を抜きハリウッドにとって最大の海外市場となった模様です。