『BOND 24』 サム・メンデス監督で2015年公開か?

Mail Online(1月11日付)によると、映画007シリーズ次回作『BOND 24』はサム・メンデス監督で2015年の公開になるかもしれません。

最新作『007/スカイフォール』の興行的成功を受け、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンやバーバラ・ブロッコリはサム・メンデス監督の再登板を交渉中とのことで、ミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』等で忙しいメンデスの為に、『BOND 24』の開始時期を当初想定の2013年から2014年にずらそうとしているようです。仮に監督の作業を2014年に始めた場合、準備や撮影には長期間を要するため、公開は2015年になるものと思われます。

また、London Evening Standard(2月4日付)によると、『007/スカイフォール』のイブニング・スタンダード作品賞受賞後のインタビューで、バーバラ・ブロッコリはメンデス監督の続投を希望していると語っており、プロデューサーの説得は2月の時点でまだ続いている様子です。