『BOND 24』 サム・メンデス監督らの負担を考慮し単独映画に?

Mail Online(2月15日付)は、007シリーズ第24作『BOND 24』と第25作『BOND 25』はそれぞれ単独の映画になると伝えています。

MGM のバーバー会長は2012年11月の会議で、ジョン・ローガンが同時に『BOND 24』と『BOND 25』の脚本作業に取り掛かっていることを発表。当初は2部作の計画もあった模様です。しかし Mail Online によると、2部作となった場合、スタッフやキャストは制作の為に連続で長期に渡って拘束されかねず、これが『007/スカイフォール』を担当したサム・メ ンデス監督の『BOND 24』続投を渋る原因の一つだったようです。このため現在の計画では2部作案が破棄され、『BOND 25』は『BOND 24』の続編にはならないとのことです。

また、サム・メンデスは『BOND 24』の完成した脚本を確認してから最終決心をしたがっているらしく、情報筋によると現時点で監督続投の確率は「75%」とのことです。しかしジョン・ ローガンはまだラフ・アイディアを書いたトリートメント(あらすじ)しか作っていない様子です。