『007/スカイフォール』 アデルの主題歌は1年半がかりのプロジェクト

Billboard(2月24日付)のインタビューに応えたソニー・ピクチャーズの音楽部門社長によると、『007/スカイフォール』のテーマを歌ったアデルとは、1年半をかけて入念な計画を進めてきたようです。

007シリーズ50周年を記念するアーティストを求めていたプロデューサー。そんな制作側にとってアデルは打って付けの歌手だったようです。アデルとの話を始めたのはアルバム『21』が世界的にヒットし始める前とのことで、2011年の早い段階で既にアデルとソニー側の作業が始まっていたことになります。

アデルは2011年9月に出演したイギリスのテレビ番組で「あるテーマ」を歌うと発言、これ以降アデルが007第23作の主題歌を担当するとの噂が広まっていました。また、同年11月の『007/スカイフォール』制作発表会見で、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリは歌手が決まっていないと発言していました。アデルの名がテーマ歌手として公式に発表されたのは2012年10月になってからです。