舞台の準備を進めるダニエル・クレイグとサム・メンデス

Mail Online(3月28日付)は舞台の準備を進めるダニエル・クレイグとサム・メンデスの近況を伝えています。

ダニエル・クレイグは妻レイチェル・ワイズと『Betrayal』で共演する予定になっており、演出は映画『卒業』などで知られるマイク・ニコルズ。この劇の中でも二人は夫婦を演じるようです。劇場はブロードウェイの Barrymore Theatre。リハーサルは2013年8月、公演は10月から約14週間に渡って行われるようです。また、ダニエル・クレイグは公演終了後、007次回作『BOND 24』のプリプロダクションに参加するとのことです。

一方、サム・メンデスはロンドンでミュージカル『Charlie And The Chocolate Factory』をリハーサル中。プレビューは Theatre Royal Drury Lane で5月17日に始まるとのことです。

メンデス監督は昼間のウエスト・エンド演出と、夜の007制作ミーティングが両立できると考えていた時期もあったようです。しかし『007/スカイフォール』を監督してそれが無理だと分かり、『BOND 24』監督を辞退するに至った模様です。