英エリザベス女王 英国アカデミー名誉賞を受賞

英国映画テレビ芸術アカデミー(4月4日付)によると、イギリスのエリザベス女王が英国アカデミー(BAFTA)賞の名誉賞を受賞しました。

この賞の正式名称は「Michael Balcon Award for Outstanding British Contribution to Cinema」。エリザベス女王のイギリス映画・放送業界への多大な貢献を称えるものです。プレゼンターはケネス・ブラナー、授賞式はウィンザー城で行われました。BAFTA 公式サイトでは、受賞理由を説明する中で女王の長年の功績を紹介。2012年ロンドン・オリンピック開会式でダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボン ドと共演したことにも触れています。

BBC によると、授賞式には『007/スカイフォール』出演のヘレン・マックロリーやジョージ・ルーカスなど300人のゲストが出席。BAFTA 会長のジョン・ウィリスは女王を「史上最も印象的なボンド・ガール」とコメントしたようです。また、ケネス・ブラナーもスピーチの中で同様に女王のオリンピック・パフォーマンスは「印象的だった」と語った模様です。