『The Salvation』にマッツ・ミケルセン、エヴァ・グリーン、ジョナサン・プライスらが出演

The Hollywood Reporter(4月22日付)によると、映画『The Salvation』に007シリーズ出演の俳優3名が出演します。

監督はクリスチャン・レヴリング。家族を殺された男の復讐劇で主演は『007/カジノ・ロワイヤル』の悪役マッツ・ミケルセン。同作のボンド・ガール、エヴァ・グリーンと007シリーズ第18作『トゥモロー・ネバー・ダイ』で悪役を演じたジョナサン・プライスも出演するようです。

『The Salvation』は現在、南アフリカで撮影中。言語は英語で、デンマーク、南アフリカ、イギリスの共同製作とのことです。