『007/サンダーボール作戦』の腕時計 クリスティーズでオークションに

Sky News(5月21日付)によると、007シリーズ第4作『007/サンダーボール作戦』(1965)の撮影で使用されたブライトリングのウォッチがロンドンのクリスティーズで6月26日、競りにかけられます。

この腕時計はガイガー・カウンター機能付きとして映画の中でQがジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)に支給したもの。1962年にブライトリングが制作したオリジナル・モデルをベースに同作のスタッフが手を加えて仕上げたこのプロップは、1点しか作られなかったとのことです。

落札予想額は4万から6万ポンド。当初フリーマーケットで売られていた金額は25ポンドだったとのことです。