『BOND 24』監督 サム・メンデスに確定か

Mail Online(5月28日付)は、サム・メンデスが映画007シリーズ次回作『BOND 24』(ボンド24)の監督を務めることに「決心した」と伝えています。

メンデスは最新作『007/スカイフォール』で監督を手がけましたが、舞台の演出で忙しいことなどを理由に『BOND 24』続投を断っていました。しかし007のプロデューサーらは、メンデスが舞台の演出を終え、フルタイム体制で『BOND 24』の制作に加われるようになるまで待つことを決意。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン、ボンド役のダニエル・クレイグ らの説得を受け、メンデスもこれに非公式ながら同意した模様です。

また、ジョン・ローガンが脚本を担当している『BOND 25』(ボンド25)の監督も手がけるかは不明だとしています。