パインウッド・スタジオに「Qステージ」がオープン

Mirror Online(9月30日付)によると、イギリスのパインウッド・スタジオで9月27日、新しいサウンド・ステージ「Qステージ」がオープンしたようです。

2,791平方メートルの「Qステージ」は映画007シリーズに登場するキャラクター「Q」にちなんで名付けられたと同紙は伝えています。

パインウッド・スタジオは007シリーズのほとんどの作品でメイン・スタジオとして使用された場所。1976年には『007/私を愛したスパイ』 (1977)のタンカー内シーンを撮るため、巨大な「007ステージ」が建設されました。この他、『007/ゴールドフィンガー』(1964)のアストン・マーチン衝突場面が同スタジオの敷地内で撮影されており、これを記念して名付けられた通路「ゴールドフィンガー・アベニュー」もあります。