ボンド・ガール写真展が米美術館で開催へ

Telegraph(10月21日付)によると、ボンド・ガールを被写体にした写真展『Birds of the West Indies』がアメリカ・ピッツバーグの Carnegie Museum of Art で今秋開催されます。

これは写真家タリン・サイモンによるプロジェクト。直接参加したボンド・ガールはオナー・ブラックマン、シャーリー・イートン、ジル・セント・ジョン、 ジェーン・シーモア、キャロル・ブーケ、グレース・ジョーンズ、フィオナ・フルートン、ソフィー・マルソー。各自、好みの衣装とポーズを選んで撮影に望んだとのことで、ボンド・ガールの他にもガジェットやボンド・カーの写真なども展示されるようです。

写真展のタイトルはイアン・フレミングが所有していた同名の本(ジェームズ・ボンド著)にちなんだようです。また、このプロジェクトは写真集として出版化もされるとのことです。