ジュディ・デンチがM役で復活

映画007シリーズ7作でジェームズ・ボンドの上司「M」を演じてきたジュディ・デンチ。2012年公開の『007/スカイフォール』を最後にデンチは同シリーズから引退していましたが、別の映画のために「M」を再演しています。

デンチは現在イギリスで公開中の最新作『あなたを抱きしめる日まで』が好評で、アカデミー主演女優賞の有力候補者として目されています。The Hollywood Reporter(11 月7日付)によると、アメリカ映画協会はこの映画を劇中の台詞の一部が未成年には不適切とみなし、レーティングをRに指定。これに反発した米配給会社ワインスタイン・カンパニーが007映画プロデューサーの許可を得て、デンチが「M」として登場し映画協会側に再考を促す宣伝映像を制作したようです。この映像は後日ウェブで公開される模様ですが、そのティーザー『A Special M.essage』は既にYouTubeで視聴できます。

『あなたを抱きしめる日まで』はアメリカで11月27日、日本では2014年3月に公開予定です。