「One Sony」でアデルの『007/スカイフォール』が実現

Deadline.com(11月21日付)によると、米ソニーCEOでソニー・ピクチャーズ会長兼CEOなども務めているマイケル・リントン氏が投資家に向けてソニーのエンタテインメント部門の経営方針を語りました。

この中でリントン氏はソニー社長兼CEOの平井一夫氏が打ち出しているスローガン「One Sony」について触れ、Columbia Records アーティストのアデルが『007/スカイフォール』のテーマを歌ったのも、「One Sony」戦略の一部だったと発言したようです。

ソニーがこのまま「One Sony」を推し進める場合は、次回作『Bond 24』(『ボンド24』)でもソニー系レーベルのアーティストが採用されるのかもしれません。

ソニー・ピクチャーズが007シリーズの製作に乗り出した『007/カジノ・ロワイヤル』ではユニバーサル系のクリス・コーネルが主題歌『You Know My Name』を担当していました。