映画007シリーズ展覧会『Designing 007』 モスクワとロッテルダムで開催へ

The Barbican によると、映画007シリーズの展覧会『Designing 007 – Fifty Years of Bond Style』がモスクワとロッテルダムで開催されます。

『Designing 007』は007シリーズ製作50周年を記念し、ロンドンのバービカンが2012年7月から9月まで開催した展覧会。最新作『007/スカイフォール』までの全23作で制作・使用されたコスチューム、セット、プロダクション・デザイン、車両、秘密兵器、特殊効果、グラフィック・デザインなどを紹介するものです。

ロンドンの後はトロント、上海、メルボルンで巡回展示されました。モスクワでは2014年6月6日から9月7日まで、ロッテルダムでは10月11日から2015年2月8日まで開催予定。2015年が同展覧会の最終年となる模様です。