ダニエル・クレイグ 4月から新作『The Whole Truth』を撮影

Patch(3月19日付)によると、6代目ジェームズ・ボンド俳優ダニエル・クレイグの新作映画『The Whole Truth』が4月から撮影開始となるようです。

ロケ地は魔女裁判でその名が知られる米・マサチューセッツ州セーラム。同市の古い裁判所や菓子店などで4月末から5月末まで撮影が行われる模様です。

『The Whole Truth』は法廷ドラマ。共演者はレネー・ゼルウィガー、監督はコートニー・ハントが務めるようです。