007映画ロケ誘致活動を描く小説『ジェームズ・ボンドは来ない』が発売に

直島の007映画ロケ誘致活動をもとにした松岡圭祐著の青春小説『ジェームズ・ボンドは来ない』が角川書店から発売になります。Amazon.co.jp のデータでは4月1日発売とのことです。

香川県の直島は、2002年(日本では2003年)に出版されたレイモンド・ベンスンの公式007小説『赤い刺青の男(The Man with the Red Tattoo)』でジェームズ・ボンドが活躍する舞台の一つとして描かれました。これがきっかけで、香川県は007映画のロケ誘致活動を展開。同じく舞台となった北海道・登別市とも一部連携した署名活動や、ボンド・ガール・コンテスト、007『赤い刺青の男』記念館の開設なども行い気運を盛り上げてきました。2006年には香川県副知事らが米ソニー・ピクチャーズ本社を訪問し、幹部に直接ロケ誘致の要望を伝えていますが、成果は現れていません。