『カジノ・ロワイヤル』作曲家バート・バカラック 2014年4月に来日公演

プロマックスによると、『遙かなる影』、『雨にぬれても』などで知られる作曲家バート・バカラックが2014年4月に来日公演を行います。

4月10日(木)は東京のNHKホール、18日(金)は京都コンサートホールで、いずれもオーケストラを携えての演奏です。

バンドによるコンサートも組まれており、11日(金)・12日(土)・14日(月)はステージの間近で演奏が楽しめる Billboard Live TOKYO、4月16日(水)はNHK大阪ホールでも開催されます。

バート・バカラックは1928年生まれの85歳。これまでにも度々来日公演を実施してきました。バカラックが作曲、ダスティ・スプリングフィールドが歌いアカデミー歌曲賞にもノミネートされた映画007シリーズ番外編『カジノ・ロワイヤル』(1967)の挿入歌『恋の面影(The Look of Love)』は今日、ジャズのスタンダード・ナンバーとして広く親しまれています。