『Bond 24』と『Bond 25』は2部作ではない サム・メンデス監督が明かす

米 PBS のインタビュー番組『Charlie Rose』(4月11日放送)に出演した『007/スカイフォール』のサム・メンデス監督が次回作『Bond 24』(『ボンド24』)について語りました。

サム・メンデス監督は、最初は辞退しながらも『Bond 24』を引き受けることにした理由を司会のチャーリー・ローズから尋ねられます。そこでメンデス監督は、制作開始までに時間的余裕が与えられたこと、『007/スカイフォール』で設定した新しい M、Q、マネーペニーなどのキャラクターが中途半端な状態になっており、『Bond 24』は『007/スカイフォール』後編のようにしてそれらのストーリーを発展させたいという気になったことを挙げました。

さらには、『Bond 24』とその次の『Bond 25』が2部作となるはずだった当初の計画を変更し、自身の強い希望だった『Bond 24』の単独作品化に制作側が同意したことも、再登板を決意した理由になったとのことです。