『Bond 24』 ノルウェー女優シヌーヴ・マコディ・ルンドがオーディションに参加

Dagbladet.no(5月12日付)は、映画007シリーズ次回作『Bond 24』(『ボンド24』)のボンド・ガール・オーディションにノルウェーの女優シヌーヴ・マコディ・ルンド(Synnøve Macody Lund、38歳)が参加したと伝えています。

ボンド・ガール・オーディションが行われたのはデンマークのコペンハーゲン。ルンドを含め8人の女優が候補に残っているそうです。また、彼女はイギリスのパインウッド・スタジオを訪れ、サム・メンデス監督とも既に面会した模様です。

『Bond 24』はスカンジナビア系のボンド・ガールを求めているとのニュースがこれまで度々報じられています。

シヌーヴ・マコディ・ルンドはノルウェー映画『ヘッドハンター』に出演。同作の監督モーテン・ティルダムも2013年の一時期には『Bond 24』監督候補者の1人としてその名が挙がっており、プロデューサーと面談し脚本が渡されたことを明かしていました。