英政府 パインウッド・スタジオの拡張計画を承認

BBC(6月19日付)によると、イギリス政府はバッキンガムシャー州にあるパインウッド・スタジオの拡張計画を承認しました。

2億ポンドを費やす15年がかりのこの計画では、12の大型ステージ、ワークショップ、オフィスなどを加える予定。敷地も10万平方メートル広くなり、現在の2倍の面積となるようです。拡張計画はこれまでにも度々発表されてきましたが、コミュニティーや政府の反対で却下されていました。

近年イギリスではハリウッド映画やテレビの撮影需要が高まりつつも施設不足のために制作が国外で行われる例が目だっていましたが、パインウッドの拡張でより多くの作品がイギリス国内で作られることになりそうです。

パインウッド・スタジオは映画007シリーズの撮影所として知られ、ヨーロッパ最大とされるサウンド・ステージ「007ステージ」もあります。次回作『Bond 24』(『ボンド24』)もパインウッドで今秋から撮影が始まる模様です。