『Bond 24』 撮影開始は11月下旬か12月上旬

Mail Online(8月1日付)によると、ニール・パーヴィスとロバート・ウェイドが担当していた『Bond 24』(『ボンド24』)の脚本修正作業が完了、11月下旬から12月上旬にかけて撮影が始まる見通しのようです。

当初はジョン・ローガンが単独で『Bond 24』の脚本を担当していましたが、サム・メンデス監督の強い希望でニール・パーヴィスとロバート・ウェイドが呼び戻されることに。二人はローガンの脚本にユーモアを増やすだけではなく、大掛かりな修正を加えたようです。

出演者はボンド役ダニエル・クレイグの他に、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショーら『007/スカイフォール』のキャストが続投。ボンド・ガールはまだ決定していないとのことです。

映画007シリーズ第24弾『Bond 24』は2015年10月23日イギリス公開、11月6日アメリカ公開予定です。