マーク・ストロング 『Bond 24』悪役出演の噂を否定

Contactmusic.com(10月31日付)によると、英国俳優マーク・ストロングは、007シリーズ次回作『Bond 24』(『ボンド24』)に悪役で出演するとの噂を否定したようです。

ジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグと友人のマーク・ストロングは9月にモロッコで行動を共にしており、『Bond 24』の撮影準備の為に滞在中、と報じる地元メディアもありました。これに対してマーク・ストロングは、ダニエルとアトラス山脈でウォーキングを楽しみ旧交を温めていただけ、と噂を否定したようです。

一方、ストロングは007映画の悪役出演には大変興味を持っている様子です。また、これまで悪役が多かったため、ボンドの味方を演じてみるのも悪くないと考えているようです。

また、『ワールド・オブ・ライズ』、『裏切りのサーカス』、『The Imitation Game』、『Kingsman: The Secret Service』と最近はスパイ役で出演する映画が多く、ストロングは自分でも何故だか訳が分からない、とコメントしています。