『Bond 24』 ジェズ・バターワースが脚本リライトに参加

The New Yorker(11月10日号)によると、イギリスの劇作家で、映画の脚本や監督も手がけているジェズ・バターワースが『Bond 24』(『ボンド24』)の脚本修正作業に加わっているようです。

『Mojo』などで知られるジェズ・バターワースは9月に『Bond 24』監督のサム・メンデスやボンド役ダニエル・クレイグと共にパインウッド・スタジオでのミーティングに出席。ジョン・ローガンの脚本に「ひねり」を加えているそうです。

バターワースはクレジットされていないものの、前作『007/スカイフォール』でもリライトに加わっていたとのことです。