『Bond 24』 オーストリアのロケ地が007の宣伝効果を期待

Tiroler Tageszeitung Online(11月26日付)によると、オーストリアの東チロル観光局では、007シリーズ次回作『Bond 24』(『ボンド24』)のロケ撮影に大きな期待を抱いているようです。

2015年1月から撮影開始とされているチロル州のオーバーティリアッハ村。制作側はスタッフの宿泊費、臨時雇用、地元企業との契約などのため、約400万ユーロを地元で費やすのだそうです。しかしこれだけではなく、オーバーティリアッハが「ジェームズ・ボンドの村」として有名になることは宣伝的に無限の価値があり、観光局トップは、宝くじで大当たりしたようなもの、とコメントした模様です。