ボンド・ガールのモニカ・ベルッチ 2015年1月から『SPECTRE』撮影に参加

VanityFair.it(12月9日付)が007シリーズ最新作『007/スペクター』(原題)のボンド・ガール、モニカ・ベルッチとのインタビューを掲載しています。

『007/スペクター』について訊かれたベルッチは「ほとんど何も話せない」と返答。しかし自身が演じるキャラクターはイタリア人で、2015年1月から撮影に参加、多くのシーンをイタリアで撮ることを明かしました。数ヶ月前にサム・メンデス監督からロンドンでのランチに誘われ、そこで同作出演の話があったようです。

ボンド・ガールは女優なら誰もが願うもの、とベルッチ。007シリーズ第18作『トゥモロー・ネバー・ダイ』のオーディションに参加しながらも出演を逃していた彼女ですが、50歳というタイミングで再びチャンスが巡ってきたことにびっくりしたのだとか。年齢を重ねても女の魅力は失われないとも語ったようです。