007シリーズ第24作『SPECTRE』 チロル州観光局がロケ地情報を発表

オーストリア・チロル州観光局はプレス・リリース(12月9日付)で映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』(原題)ロケについて発表しました。

ロケ地となるのはエッツタール(エッツ渓谷)にあるスキー・リゾートのゼルデン、東チロル地方のオーバーティリアッハ。

ゼルデンは雪質の高さで知られるリゾート地。二つの氷河へのアクセスもよく、スキー環境が整っています。オーバーティリアッハは人口700人ほどの村で、標高1450メートル。初心者や家族連れスキーヤーに人気があります。

ロケ地選定作業は2014年1月に開始。当初はノルウェーとイタリアなども候補に挙がっていたとのことですが、チロルのフィルム・コミッション、地域住民、観光局、鉄道会社など地元が一丸となり積極的サポートを提供したことが功を奏しました。

ゼルデンにプロダクション・オフィスが設けられたのは8月。2015年1月中旬から2月にかけて撮影する計画で、撮影日数はチロル州全体で合計22日間。スタッフの人数は最大時500名。チロル州で費やされるロケ予算額は、宿泊費、食費、交通費、人件費など総額約600万ユーロ。宿泊数は合計約26,000泊にもなります。

前作『007/スカイフォール』は全世界の劇場で1億3千万人が鑑賞。その続編『007/スペクター』ロケは、チロル史上最大規模の撮影になるとのことで、長期的な観光需要の高まりが期待されています。

Photo (C) Tirol Werbung