ロリー・キニア ソニーへのサイバー攻撃は『007/スペクター』撮影に影響せず 

Gloucester Citizen(2015年1月12日付)は映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』(原題)に出演するロリー・キニアとのインタビューを掲載しています。

ロリー・キニアの役はMI6でMやボンドをサポートするビル・タナー。『007/慰めの報酬』から3作連続で演じています。2014年12月にはロンドン市内で『007/スペクター』ロケに参加。ジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグと共にテムズ川をボートで移動するシーンが撮影されました。これについてキニアは、寒かったものの天気が良く、順調に撮影が進んだ旨をコメント。大人気の映画に出演できるのはとてもラッキーなことだ、とも語りました。

ソニー・ピクチャーズへのハッキングと情報のリークに関して、詳細はあえて追いかけていないようですが、『007/スペクター』の撮影自体には影響がない旨の発言をしています。