英国政府が2015年に最も期待する映画は『007/スペクター』

イギリスの文化・メディア・スポーツ省は2015年1月13日、英クリエイティブ産業の成長に関する資料を発表しました。

イギリスにおけるクリエイティブ(映画・テレビ・音楽等)産業の粗付加価値(GVA)は2013年度分の集計が769億ポンドと過去最高を記録。これは同国経済全体の5.0%を占めています。

同省では2015年に更なる成長が期待されるとし、その代表作品の一つとして真っ先に映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』(原題)を挙げました。

『007/スペクター』はロンドン郊外のパインウッド・スタジオがベース。イギリスに本社を置くイオン・プロダクションが制作、米ソニー・ピクチャーズエンタテインメントとMGMが共同で製作・配給を担当します。同作は2015年11月6日世界同時公開予定です。