ジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグ 『007/スペクター』撮影中に負傷か

Mirror Online(2015年2月6日付)は The Sun の記事を引用、映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』(原題)を撮影中のジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグが負傷したと伝えています。

ダニエル・クレイグは英パインウッド・スタジオの『007/スペクター』セットでファイト・シーンを撮影中に膝をくじいたとのことで、それ以降の撮影が中断に。待機していたエキストラも途中で帰らされたとのことです。厳しいスケジュールの中での事故にプロデューサー側はパニック状態になったとのことですが、現在は順調に回復しており、クレイグは今週土曜日からの撮影に復帰予定とのことです。

2/8 追記:スタッフから情報を得たという Deadline(2月7日付)によると、全ては順調で既に2月7日(現地時間)から撮影が再開している模様です。