『007/オクトパシー』悪役のルイ・ジュールダン氏が死去

Variety(2015年2月15日付)によると、フランス俳優ルイ・ジュールダン氏が2月14日、ビバリーヒルズにある自宅で亡くなりました。93歳でした。

ルイ・ジュールダン氏はマルセイユ生まれのカンヌ育ち。代表作には米映画『恋の手ほどき』(1958)などがあり、ロジャー・ムーア主演の映画007シリーズ第13作『007/オクトパシー』(1983)に悪役カマル・カーンとして出演しました。

2010年、レジオンドヌール勲章を受章。2014年には60年間以上連れ添っていた夫人を亡くしています。