『007/スペクター』出演のデトレフ・ボーズ オーディションと役柄を語る

ー この記事はストーリーの内容に触れています ー

Subway.de によると、『007/スペクター』に脇役出演しているドイツ俳優デトレフ・ボーズがオーディションについて語っています。

ボーズは前作『007/スカイフォール』の際にも出演を狙っていたようですが、チャンスは巡ってこなかったそうです。しかし今回、彼のエージェントのコネで『007/スペクター』のキャスティング・エージェントに繋がり、ベルリンのオーディションへ招待されることに。

オーディションは2日間で60人から80人ほどが参加し、持ち時間は各人20分ずつ。それから1週間後に電話が入り、サム・メンデス監督に会う事が決まります。インスブルックで監督とのミーティングに集まった候補者は約10人。その数週間後に採用通知を受けたそうです。

デトレフ・ボーズの役柄は殺し屋。ベン・ウィショーの演じるQを追い回し、ケーブル・カーの中で対決があるそうです。結果がどうなるかは言えないと語ったボーズ。撮影は少数のスタッフが参加し1月にオーストリアのゼルデンで実施。メインの俳優達とは直接絡みがないそうで、撮影後に偶然ダニエル・クレイグを通りで見かけただけ、とのことです。