『007/スペクター』ロケ地メキシコシティでプロデューサーがインタビューに応える

IGN(2015年3月29日付)は、映画『007/スペクター』プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン氏(W)とバーバラ・ブロッコリ氏(B)とのインタビュー内容を掲載しています。このインタビューはロケ地メキシコシティにて招待された記者グループと合同で行われたもので、以下はその抜粋・要約です。

― 犯罪組織「Quantum」と「SPECTRE」に関連は?
B:映画を観て欲しい。

― 『007/スペクター』テーマ歌手について
B:現在調整中。多くのアーティストから反応があり、候補者リストも長くなった。

― 「SPECTRE」を復活させるにあたっての苦労は?
W:長年に渡って交渉してきたが、遂に権利を取得した。最後まで残っていた権利問題だった。

― 『007/スペクター』とその次回作が2部構成だとの噂もあるが?
W:それは違う。

― 次回作(『Bond 25』)の構想は?
B:今は『007/スペクター』に集中している。次回作はずっと先のこと。

― マーベルのように他のキャラクターと組む可能性は?
W:ジェームズ・ボンドでそれはない。コミックの世界ではうまくやっているが。

― 祭典「死者の日」の撮影について
W:以前やったリオのカーニバルも大掛かりだったが、それよりもはるかに規模が大きい。参加したエキストラは1,500人だが、(スクリーン上では)複製して1万人ぐらいが登場することになる。

― 脚本家の3人はどうやって作業を?
B:レイヤーを重ねるようにアイディアを出し合う。我々が新しいロケ地を見つければ、それに合わせて脚本も発展していく。

― ロケ地について
B:海外ロケであと残っているのはモロッコ。ロンドンの幾つかのクールな場所でも撮影予定。メキシコはもう数日残っている(インタビューは3月27日頃収録の模様)。

― 『007/スペクター』のミス・マネーペニーについて
B:活動的で物語の鍵となり、ボンドを手助けする。

― 『007/スペクター』に猫は登場するか?
W:良い質問だが(笑)、答えられない。

― 次のボンド役はイドリス・エルバとの噂について
W:彼ならボンドをうまく演じるだろう。
B:挙式中の新婦に次の夫は誰かと訊かぬもの。今のボンド役はダニエル・クレイグ。

― ダニエル・クレイグとの契約はあと何作?
W:できるだけ長く続けて欲しい。
B:彼との契約は期限を設けていない。