『007/スペクター』ロケがメキシコシティの経済に貢献

Daily Mail Online(AP、2015年4月2日付)によると、メキシコの首都メキシコシティには、映画『007/スペクター』のロケ地となったことで、一定の経済効果があったようです。

撮影が行われた市の中心地区では撮影期間中に、宿泊施設の利用が30%、訪問者数は53%の上昇を記録したとのことです。

なお制作会社は、ロケによる道路封鎖等のために休業を余儀なくされた商店等225店に対し、補償として一日につき最高2,500ドルを支払う契約を事前に交わしていたそうです。

Excelsior(3月31日付)によると、メキシコシティの市長は損害を受けた商店に対し、税金での優遇を検討しているようです。また、同市がスクリーンに登場する事で、今後は観光の分野でさらなる経済効果が期待できるとのことです。