『007/スペクター』 2分30秒の予告編が完成

イギリスの映像審査機関 BBFC が公開した情報によると、映画007シリーズ第24作『007/スペクター』の第2弾となる劇場向けトレイラー(本予告)が完成、同機関の審査を7月8日付で通っています。

3月に公開済みの第1弾予告編(特報、ティーザー・トレイラー)の尺は1分37秒でしたが、今回の劇場本予告は2分30秒。間もなく英国内の劇場やインターネット等で公開されるものと思われます。

また、日本のソニー・ピクチャーズは2015年7月9日、『007/スペクター』の「新予告」を解禁しました。この1分間の映像は6月にアメリカでTVスポットとして放送されたものですが、日本においては劇場でも使用される模様です。