ボンド役ダニエル・クレイグ 『007/スペクター』で共同製作者に

映画007シリーズ公式サイト 007.com や同 Twitter は2015年9月3日、『007/スペクター』の新ポスターを公開しました。

ジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグが黒のスラックスに上着は白いタキシードでフラワー・ホールには赤い花を挿し、サイレンサー付きワルサーPPKを手に仁王立ち。『007/ゴールドフィンガー』のショーン・コネリーへのオマージュとも思えるデザインです。

特筆すべきは、クレジット部。この中でジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグは、3名の共同プロデューサー(co-producer)の一人として、筆頭にその名が挙げられています。映画007シリーズにおいて、主役のジェームズ・ボンドを演じる俳優が製作者側の一員として正式にクレジットされるのは史上初。

ダニエル・クレイグはこれまでにも007映画の制作に深く関わっていることが報じられています。前作『007/スカイフォール』では、監督にサム・メンデスをリクルート。ハビエル・バルデムのキャスティング、コスチューム・ブランド選択、軍艦島のロケ地選定などに加え、脚本内容そのものにもアイディアを出しており、これまでも製作者的な活動を行ってきました。今回のクレジット表記は名実ともにダニエル・クレイグが俳優だけでなく共同プロデューサーとしての力を正式に握っていることを示すものです。

この他、『007/スペクター』の公式キャスト配列は以下の通りです。

ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デイヴ・バウティスタ with モニカ・ベルッチ and レイフ・ファインズ。