『007/スペクター』ロイヤル・ワールド・プレミアがロイヤル・アルバート・ホールで開催へ

映画007シリーズ公式サイト 007.com(2015年9月16日付)は、シリーズ最新作『007/スペクター』のロイヤル・ワールド・プレミア「Royal Film Performance」が10月26日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されると発表しました。

英王室から臨席されるのはウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子。出席が予定されている主な俳優はダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デイヴ・バウティスタ、モニカ・ベルッチ、レイフ・ファインズら。また、サム・メンデス監督、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリらも参加予定です。

このプレミア主催者は英国映画・テレビ業界人をサポートする福祉団体CTBF。エリザベス女王陛下が名誉総裁を務められており、毎年1作品を選出、英王室メンバー臨席のチャリティー・プレミア「Royal Film Performance(ロイヤル・フィルム・パフォーマンス)」を開催しています。過去に、栄誉ある「Royal Film Performance」作品として選ばれた007映画は、『007/ダイ・アナザー・デイ』(2002)、『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)の2作品。今回の『007/スペクター』は3作目となります。

また、007シリーズでロイヤル・アルバート・ホールがプレミア会場となるのは、『007/ダイ・アナザー・デイ』、『007/スカイフォール』(2012)に続き、3度目です。