英国政府観光庁 「Bond is GREAT」キャンペーンを開始

VisitBritain(英国政府観光庁)は2015年10月6日、『007/スペクター』とタイアップした映画ツーリズム・キャンペーン「Bond is GREAT」の開始を発表しました。

これは、映画007シリーズの国際的知名度を利用、ソニー・ピクチャーズとMGMの協力を得て、イギリスの素晴らしさを世界に知らせ同国を訪れてもらう為の宣伝キャンペーンで対象は60カ国。VisitBritain が007シリーズとパートナーを組むのは今回が3度目となります。

日本語に対応した特設ウェブページ「VisitBritain.com/spectre」では、ロンドンで撮影されたVisitBritain 独占の『007/スペクター』舞台裏映像や、ロケ地となったブレナム宮殿、カムデン・タウン、ウエストミンスター・ブリッジ、ロンドン市庁舎の360度イメージなどが楽しめます。また、アストンマーティンの乗車やホテル宿泊などが当たる抽選も。

なお『007/スペクター』では、MI6の場所は前作の最後のシーン同様ホワイトホールにあるとの設定で、カムデン・タウンのステイブルズ・マーケット地下のドックはQの作業場の入口として使われた、とのことです。また、ジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグがホワイトホール(財務省と歳入税関庁ビルの間)を歩くシーンの写真も公開されています。

VisitBritain によると、映画が観光に与える影響は非常に大きくなってきており、イギリスへの訪問を検討している人々の半数近くが、映画やテレビのロケ地を観光したいとの希望をもっているとのこと。そして、イギリスのインバウンド観光は年間262億ポンドの価値を生み出しているそうです。